ページの先頭です

学校紹介

受験生の方へ

在学生・保護者の方へ

授業について : 基礎課程

基礎課程:バランスよく基礎学力を養い、幅広い進路選択の実現を可能に

個々の可能性を広げ、幅広い進路選択を実現させるために全教科をバランスよく学習します。
総合学習の宗教教育や進路指導のほか、長期休暇中の特別講習、早期からの学習サポートも充実。
じっくりと自分の将来を見つめ目標に向かって専心できるようサポートしています。

基礎課程の特色

習熟度別クラス

入学前の学力テストで、上位に入った生徒を対象に1クラスのみ習熟度上位クラスを設置。カリキュラムはほかのクラスと同様ですが、進度を速め応用領域を増やしています。希望進路実現に向け、個々の能力や可能性を最大限に伸ばすことを目標に学習を進めていきます。

小テスト・朝学習

英単語・漢字・古典文法・数学の公式などは継続的に小テストを実施し、定着が不十分な生徒に補習を行います。また朝学習として、各教科で学習の補助となるプリントを配布し、ホームルーム前の10分間で取り組みます。静かな空気の中、授業に集中するための準備時間となっています。

進路適性検査

入学後早い段階で進学に意識を向け、2年次からのコースを主体的に選ぶことができるようにするために、1年次より様々な進路学習が始まります。「駒澤大学を知る」ガイダンス、夏に参加する「夢ナビ」(外部企画)、駒澤大学を訪問し大学の教授から学部の紹介や、模擬授業受けることができる「分野別ガイダンス」など、卒業後を見据えて高校生活を送ることができます。

駒大高の英語教育

英検1次試験合格者全員に、英語科の教員が面接指導を行っています。その成果で合格率は90%を超え、中には難関の準1級に合格した生徒もいます。また、在学中に全員がTOEIC Bridge® IPのテストを受験。成績上位者はTOEIC® IPにチャレンジすることができます。

夏休みの2週間、ホームステイをしながら英語を学ぶ自由参加の行事です。カナダの大自然や人々のあたたかさに触れ、卒業後に再び留学する生徒もいます。英語が苦手だった生徒も、積極的にコミュニケーションを取ることで自信を深め、帰国後の英語学習に生かしています。

オーストラリアの中高一貫校との交換交流を行っています。語学留学を目的とした12日間の相互的な交換交流プログラムで、留学の受け入れと訪問とを隔年で実施。訪問する際は春期休暇中に夏のオーストラリアで現地の学校に通う留学体験。受け入れの際は留学生とともに過ごす学校生活。お互いの学校の生徒宅にホームステイするので、語学力の向上だけでなく国際感覚が養われ、より深い交流をすることができます。

日本国内にいながら、3日間、英語づけの生活を送ります。1チーム約10名の生徒と1人の外国人講師で英会話の授業から日常生活全般まで、まるで外国のような環境で一緒に過ごします。世界で活躍している方の講演会もあり、グローバル時代のキャリア教育としても有意義な機会です。

Student's Voice

基礎課程のカリキュラム

※ 2019年入学生に適用(変更になる可能があります)

基礎課程のカリキュラム

← 左右にスクロールして全体をご覧ください。 →

ページトップへ
駒澤大学

在校生保護者の方へ

旃檀会

同窓生・同窓生保護者の方へ

同窓会
一如会